Djangoをインストールしよう

Last updated 4 months ago

このチャプターの一部はGeek Girls Carrots (http://django.carrots.pl/)のチュートリアルに基づいています。

このチャプターの一部はCreative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License のライセンスによるdjango-marcador tutorialに基づいています。このdjango-marcador tutorialはMarkus Zapke-Gründemann et al.が著作権を保有しています。

仮想環境

Djangoをインストールする前に、まずはあなたのコンピュータの中のコーディング環境をきれいにしておくのに役立つとても便利な道具をインストールしてもらいます。このステップをとばすこともできますが、しかし、このステップをとばすことは全くお勧めしまません。可能な限りベストなセットアップで始めることは将来のたくさんのトラブルからあなたを救うはずですから!

さあ、virtual environment (virtualenvとも呼ばれています)を作りましょう。virtual environmentはプロジェクト単位であなたのPython/Djangoセットアップを他から隔離します。つまり、あなたがひとつのウェブサイトにおこなったどんな変更もあなたが開発中の他のサイトに影響を及ぼさないということです。わかりましたか?

あなたがしなければならないのは、あなたが'virtualenv'を作成したいディレクトリを見つけることです(たとえばホームディレクトリなどです)。Windowsでは、ホームディレクトリはC:\Users\Name\と書かれているかもしれません (Nameはあなたのログインネームです)。

このチュートリアルのために、ホームディレクトリに新しいディレクトリ`djangogirls'を作成します。

command-line

mkdir djangogirls
cd djangogirls

myvenvというvirtualenvを作成します。一般的なコマンドは以下のようになります:

command-line

python3 -m venv myvenv

Windows

新しいvirtualenvを作成するために、コマンドプロンプトを開き(コマンドプロンプトについては何章か前にお話ししましたね。覚えてますか?)、python -m venv myvenvを実行して下さい。たとえばこのように入力します:

command-line

C:\Users\Name\djangogirls>python -m venv myvenv

注意:Pythonをインストールした時に Add Python 3.x to PATHにチェックを入れ忘れた方は

C:\Python35\python のようにあなたがPythonをインストールしたディレクトリへのパスも記載してください。myvenvはあなたの'virtualenv'の名前です。どんな名前でも使うことができますが、必ず小文字で表記し、スペース・アクセント記号・特殊文字は入れないでください。短い名前にしておくのもいいアイデアですーあなたはこの名前を何度も参照しますから!

Linux and OS X

LnuxやOX Xで'virtualenv'を作るときは、python3 -m venv myvenvと実行するだけです。

たとえばこんな感じです:

~/djangogirls$ python3 -m venv myvenv

myvenvはあなたのvirtualenvの名前です。どんな名前でも使うことができますが、必ず小文字で表記し、スペースは入れないでください。短い名前にしておくのもいいアイデアですーあなたはこの名前を何度も参照しますから!

virtualenvを使う

上に示したコマンドは仮想環境(基本的には一連のディレクトリとファイル)を含むmyvenvという名前(あるいはあなたが選んだ名前)のディレクトリを生成します。次に我々がしたいのは、これを実行し、開始することです。

Windowsではこのように入力してください:

C:\Users\Name\djangogirls> myvenv\Scripts\activate

あるいはOS X、Linuxでは以下のように入力して下さい:

~/djangogirls$ source myvenv/bin/activate

myvenvのところをあなたが選んだvirtualenv名に置き換えることを忘れないで下さいね!

備考: sourceではできない場合もあります。その場合は、代わりに以下のように入力してみてください:

~/djangogirls$ . myvenv/bin/activate

あなたのコンソールのプロンプトが以下のように表示されるのを見て、あなたはvirtualenvが起動したことに気がつくでしょう。

(myvenv) C:\Users\Name\djangogirls>

あるいはこういう表示かもしれません:

(myvenv) ~/djangogirls$

行頭に(myvenv)が現れたのに注目して下さい!

virtual environment(仮想環境)の中で作業しているとき、pythonは自動的に正しいバージョンのPythonを参照しますので、'python3'の代わりに'python'を使うことができます。

OK、これでDjangoのインストール前に入れておきたい依存関係の準備がすべて整いました。いよいよDjangoのインストールです!

Djangoのインストール

今度はあなたのvirtualenvを起動したので、Djangoをインストールすることができます。

これを行う前に、Djangoのインストールに使用する最新バージョンのpipがインストールされていることを確認する必要があります。

command-line

(myvenv) ~$ pip install --upgrade pip

いまあなたのvirtualenvは起動しているので、pipを使ってDjangoをインストールすることができます。コンソールの中で、pip install django==1.11(ここではダブルイコールサイン == を使います)と実行して下さい。

(myvenv) ~$ pip install django==1.11
Downloading/unpacking django==1.11
Installing collected packages: django
Successfully installed django
Cleaning up...

Windowsの場合

Windowsでpipを呼んだときにエラーが起きた場合は、あなたのプロジェクトのパス名がスペース・アクセント・特殊文字を含んでいないか確認してみて下さい (例 C:\Users\User Name\djangogirls)。もし含まれている場合は、そのディレクトリを他のスペース・アクセント・特殊文字が含まれていない場所(C:\djangogirlsなど)に移動することを検討してみてください。移動したあとに上記のコマンドを試してみてください。

Linuxの場合

Ubuntu 16.04でpipを呼んだときにエラーが起きた場合は、virtualenv内でpipインストールをフィックスするためにpython -m pip install -U --force-reinstall pipを実行して下さい。

以上です!あなたは(ついに)Djangoアプリケーションを作成する準備が整いました!